オラクルカードによる占い

皆さんはオラクルカードというものを知っていますか。タロットカードというものなら知っているという人はいるかと思いますが、このオラクルカードも占いでよく使われているものなのです。今回はオラクルカードについて説明します。

オラクルカードとは?

「オラクル」には「預言」という意味があり、神や天使からのお告げをカードを通してメッセージとして送ってくれる占いとして、オラクルカードが使われます。タロットカードもオラクルカードの一種としてみなされることがあり、最近ではオラクルカードの一種として天使からのお告げが聞けるエンジェルカードもあります。オラクルカードは最近になって人気が出てきたもので、悩み事に対するヒントやアドバイスが得られると評判になっています。

タロットカードとの違い

タロットカードは1組78枚で、22枚の大アルカナと56枚の小アルカナに区分されます。タロットカードは各カードに意味があり、解釈するために知識を必要とします。対してオラクルカードは、難しい知識を必要とせず、誰でも簡単にメッセージを受け取れます。タロットカードには縁起の悪いカードが含まれていますが、オラクルカードにはネガティブな意味を持つカードがありません。悪い結果が出ず、前向きになれるアドバイスが得られるようになっています。

オラクルカードによる占い

オラクルカードによる占いは、神や天使からのお告げをカードを通してメッセージとして送ってくれる占いとして人気があります。悩み事に対するヒントやアドバイスが得られると評判です。タロットカードには解釈のために知識が必要で悪いカードもありますが、オラクルカードは難しい知識は必要なく悪い意味のカードがないので、前向きになれるアドバイスが得られます。

関連する記事